トップページ

活動予定 東大阪

活動予定 神戸

悲嘆の事例

コラム

本の紹介

お問い合わせ

メニュー

トップページ

活動予定 東大阪

活動予定 神戸

悲嘆の事例

コラム

本の紹介

お問い合わせ

リンク

東大阪市 スクラムはーと

遺族会 ミトラ

ともしび

関西遺族会ネットワーク

天使ママ・天使パパの会in関西

はすの会

お知らせ

■ 2017年03月05日(日)「愛することと悲しむこと」開催のお知らせ

 髙木慶子先生講演会「愛することと悲しむこと」を開催します。
 日時:2017年3月5日(日)
 場所:東大阪市立総合福祉センター4階
 申込はチラシをご覧ください。締め切りは2月18日(日)です。

■ はすの会 東大阪 次回の例会は2017年3月5日(日)です。

 時間と場所は「活動予定」東大阪をご覧ください。

■ はすの会 神戸 次回の例会は2017年2月26日(日)です。

 時間と場所は「活動予定」神戸をご覧ください。

■ 2016年08月07日(日)「泣いてもいい」~抱えきれない悲しみ~開催のお知らせ

 髙木慶子先生講演会「泣いてもいい」~抱えきれない悲しみ~ を開催します。
 日時:2016年8月7日(日)
 場所:東大阪市立総合福祉センター4階
 申込はチラシをご覧ください。

■「髙木先生講演会」開催

 2016年2月7日(日)13:30より、芦屋市民センターにて、髙木慶子先生の講演会を行います。

■ 2015年08月02日(日)高木慶子先生講演会と分かち合いの会を開催

 高木慶子先生をお招きして「この悲しみとともに」という題目で講演をしていただきました。
 今回も多数の方に参加いただき、高木先生の語りに大切な人への思いを重ね合わせ、また仲間と語り合い、色々な気持ちを分かち合うことができました。

■ はすの会 神戸 新規開設のお知らせ

 はすの会 東大阪が設立されて早や3年が経ちました。それにつれ、遺族会の大切さ、存在意義の深さを感じるようになりました。そこで、この度、神戸支部といたしまして、はすの会神戸を立ち上げることになりました。
 どうぞお越しください。
 6月より毎月第4日曜日14時から16時
 場所:7月より会場変更の為、決まり次第再掲載いたします。

■ 2015年08月02日(日)第3回特別講演会と分かち合いの会開催のお知らせ

 前年に引き続き、講師に高木慶子先生をお迎えし「この悲しみとともに」と題して講演会を開催します。
 またその後、グループに分かれて分かちあいの会をします。
 場所は東大阪市立総合福祉センター、時間は午後1時からです。
 詳しくは案内チラシをご覧ください。

■ 2015年02月15日(日)柏木哲夫先生講演会と分かち合いの会を開催

 柏木哲夫先生をお迎えして「悲しみをささえ合う」という題目で講演をしていただきました。
 参加者の皆様は先生の講演を熱心に聴かれ、分かち合いの会も良い語り合いの場となりました。

■ 2014年07月13日(日)高木慶子先生講演会と分かち合いの会を開催

 高木慶子先生をお招きして「悲しみの向こうがわ」という題目で講演をしていただきました。
 分かち合いの会も多数参加していただき、語り合う時を持つことができました。

■ 2013年10月21日 「リレー・フォー・ライフ」

 いつまでも暑かった日々があっという間に秋の深まりを感じる季節に早変わり。
 体調を崩しやすい時期です。どうぞご自愛くださいませ。
 10月はがん征圧運動、リレーフォーライフに参加しました。今年は大阪大手前、奈良樫原神宮の2か所でした。
 「手紙を書こう」というブースを出して、多くの方にお手紙を書いていただきました。
 天国のあなたへ、がんと闘うあなたへ、愛するあなたへ・・・さまざまの思いを手紙にしたためてくださりました。またその思いを私たちにお話しくださったかたもおられました。
 普段口にしなかったことも文字にしてみることによって思い起こされ、実はさまざまな思いを心に秘めつつ生活しているのだと実感しました。このような活動を通してたくさんの方に出会わせて頂いたことを感謝いたします。
 お預かりしたお手紙は責任をもって大切にたきあげさせていただきます。
 ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

■ 2013年09月18日 コラムページ更新

 「コラムページ」を更新しました。

■ 2013年04月03日 悲嘆の事例ページ更新

 「悲嘆の事例ページ」を更新しました。

■ 2013年03月04日 手記の出版

 はすの会のスタッフも関わって作られた「JR西日本福知山線事故遺族の手記」が出版され
 ました。
 詳細は「本の紹介」をご覧ください。

■ 2013年03月 ホームページを開設しました

 「はすの会」のホームページを開設しました。

■ 2012年03月 「はすの会」設立

 「はすの会」を設立しました。

ご挨拶

 人の一生は「喪失体験の一生」といわれています。その喪失の中でも最も辛いのは愛する人の喪失ではないでしょうか。「なぜ?」「どうして?」という疑問や怒り、生き残っている罪責感などを抱え、「このような悲しみが他人にわかるはずがない」との思いから、つい孤立してしまう方々も少なくありません。
 今あなたが抱えておられる悲しみや怒りや不安などを一人で悩むのではなく、あなたと同じような体験をされた方々と出会い、今のお気持ちをお話になってみませんか?その出会いの中で少しでも心が軽くなって、何か大切なものを見つけることができるかもしれません。ご参加をお待ちしております。

はすの会

代 表
山下 文夫
TEL
080-8318-7933
連絡先
hasuno-kai@hasuno-kai.org
協 力
上智大学グリーフケア研究所人材養成講座修了生の会

ページ先頭に戻る